三好 登

  • 職位:特任准教授
  • 学位:博士(教育学) (広島大学)
  • 連絡先:miyoshi-noboru[a]hiroshima-u.ac.jp

※メールをお送りになる際には、[a]を半角の@と表記されてください。

  • 主な経歴

    • 九州大学第三段階教育研究センター,助教 (2014-2016)
    • 福岡県立大学,非常勤講師(2016)
    • 西南学院大学,非常勤講師(2017)
    • 大分大学アドミッションセンター,講師(2016-2018
    • 広島大学高大接続・入学センター, 副センター長・特任准教授 (2018 – )

    研究実績等については以下をご参照ください。 三好 登 (大学院人間社会科学研究科) (hiroshima-u.ac.jp)

研究領域・テーマ

 現在、コロナ禍における留学生の国際移動と学生の学習成果の質保証という二つの研究テーマに取り組んでいます。一つ目の研究テーマに関しては、コロナ禍で国際移動が難しい中、なぜ依然として留学生は日本の大学を進学先として選択するのか、送り出し国と受け入れ国の双方の要因から検討しています。二つ目の研究テーマについては、大学でのオンライン教育を通じて学生は知識・技能を習得しているのか、学生の学習習慣・学習行動、教員の授業方法の視点から検証しています。

指導可能な研究領域・テーマ

  日本における高等教育の国際化,留学生の国際移動,入試制度,学生の質保証

本プログラムへの進学を検討されている方へのメッセージ

 広島大学は総合研究型大学で、QS世界大学ランキングで約300位の世界有数の大学の一つです。人間社会科学研究科の国際教育開発プログラムは、英語による学位プログラムで、日本人学生はもちろんのこと、多様な国・地域からの留学生が在籍し、研究に取り組んでいます。皆さんも広島大学に入学して、本プログラムで一緒に学んでみませんか?

PAGE TOP