石田 洋子

  • 職位:教授
  • 学位:博士(国際協力学) (東京大学)
  • 連絡先:ishida92[a]hiroshima-u.ac.jp

※メールをお送りになる際には、[a]を半角の@と表記されてください。

  • 主な経歴

    • システム科学コンサルタンツ株式会社, 社会開発部, 主任研究員/企画営業部部長 (1991 – 1998)
    • 株式会社コーエイ総合研究所, プロジェクト第2部, 部長/主任コンサルタント (1998 – 2006)
    • 株式会社国際開発センター, 評価事業部, 部長/主席研究員 (2007 – 2015)
    • 一般財団法人国際開発センター, 理事 (2010 – )

    研究実績等については以下をご参照ください。 石田 洋子 (大学院人間社会科学研究科) (hiroshima-u.ac.jp)

研究領域・テーマ

 教育開発のための国際協力事業に対するプログラム評価(ニーズ評価、セオリー評価、プロセス評価、アウトカム評価、効率性評価等)の理論と実践を専門領域とします。評価の中では、参加型評価やエンパワメント評価、評価文化の醸成、評価人材育成、評価結果の有効活用など、評価への多様なステークホルダーの関与のあり方に焦点をあてて研究をしています。

 国際開発コンサルタントとして25年間に亘って、途上国で技術協力プロジェクトや各種調査、評価などに携わってきた経験に基づいて、教育分野における国際協力の理論と実践の統合を目指しています。

 具体的な研究活動としては、所属する広島大学教育開発国際協力研究センターが事務局を務める教育開発のためのアフリカ・アジア大学間ダイアローグで、アフリカ・アジアの30大学の研究者とともに教育分野における共同研究を進め、その成果を論文にまとめ国内外の学術ジャーナルに掲載されています。

 また、JICAのインドネシア政府に対するSDGs実施体制強化のための技術協力プロジェクトや、外務省のODA評価ワークショップに関するレビューに、コンサルタントまたは専門家として参加し、国際協力の現場での活動に携わっています。

 以上のように、学術及び実践の両面からのアプローチにより研究を遂行しています。

指導可能な研究領域・テーマ

  上記で説明した通り、私は、国際協力事業に対するプログラム評価の理論と実践を専門領域としますので、論文指導可能な研究領域・テーマとしては、評価に関連して、プログラム評価、参加型評価、プロジェクト・マネジメントが挙げられ、また教育開発に関連して、学校運営、学校評価などについて論文指導が可能です。

 学生の主な研究題目は以下のとおりです。[M]=修士論文、[D]=博士論文

  • Critical Factors Affecting Students’ E-learning Satisfaction – A Case Study of Junior High School in Zhifu District in China [M]

  • The Role of Course Guidance in High School Students’ Making Their Future Plans – Case Study of High Schools in Hiroshima and Wuhan – [M]

  • Teacher Motivation and Students’ Academic Performance in Lower and Upper Secondary Education in Senegal: A Case Study of the Department of Dakar and Fatick [M]

  • Basic Research on Hong Kong Citizens’ Sense of Identity as Chinese [M]

  • Teacher Certification and Competency: A Study of Vocational Senior Secondary School Teacher in Purworejo District, Indonesia [M]

  • Factors Influencing Student’s Choice of University from the Perspective of Distance Education Learners-Case Study of the National Center of Distance Education in Madagascar [M]

  • Implication of School Management in Improving Students Academic Performance at Public Primary Schools in Kigali City, Rwanda [M]

  • Effects of Rewarding for Teachers’ Performance in Secondary Schools in Gasabo District, Rwanda [M]

本プログラムへの進学を検討されている方へのメッセージ

 国際協力プログラムの計画づくりや実施プロセスの改善には、評価からの学びを活かすことが重要です。特に国際協力におけるプログラムやプロジェクトの実践、或いはキャリアディベロップメントに関心があれば、声をかけてみてください。

研究室ウェブサイト等

科研のウェブページです。http://bosai.school/

PAGE TOP